いのちを守る親の会(公式ブログ)

お腹の中の赤ちゃんと妊婦さんを守る一般社団法人です。

いのちを守る親の会3つの提言!!

f:id:warai88waraikun:20200121002943j:plain

f:id:warai88waraikun:20200121003005j:plain

 

この画像は受胎12週の赤ちゃんが   
お母さんを信じて遊んでいる光景(動画)です
 (見たことがありますか?3分9秒から登場します)
  https://youtu.be/Ui5fbhyFE9o


この世から、中絶・虐待
子捨て・貧困・自殺が無くなるために。
(妊婦とお母さん、家族を守るために!!)
 ↓ (ご覧下さい)
 育児助成金白書 
http://www.ikuhaku.com/
※ (1) 御自分が在住の都道府県を選択。
  次に (2) 市町村を選択。
       (3)  「妊娠」をクリック。   
 http://www.ikuhaku.com/
いのちを守る親の会
  3つの支援(サポート) 
相談支援(電話相談・面談)。
出産支援(緊急保護・妊婦検診)。
里親支援(里親探し・養子縁組)。


このブログは、
  多くの皆さんがアクセス。


多くの赤ちゃんの命を守っている
   生命を守る公式ブログです。

「一般社団法人いのちを守る親の会」
 に勇気を出してご相談ください 。
 
 電話の内容(最近の多い事例) 


●おもわぬ妊娠をした。
●彼が堕ろせと言う。(;一_一)
●彼の親が中絶を迫る。
●赤ちゃんを産みたい。
●母体を傷付けたくない。
●経済不安がある。(;一_一)
●中絶したくないが不安がある。
●赤ちゃんのいのちを守りたい。
●とにかく相談できる相手がいない。


  相談事例(相談室)


●昨日、ラミナリアを入れたが産みたい。
●ラミナリア入れたが赤ちゃん産めるか。
●妊娠したが、彼が突然、失踪した。
母子手帳もらっていない(未受診)。
●お金がないが、出産できるか?
●20歳。学生。妊娠。どうしたらいい?
●妊娠。生活保護を受けているが・・?
●18歳。妊娠。無職。どうしよう?
●来週で、5回目の中絶。助けて。
●明日、赤ちゃんを中絶の予定です。
●来週、中絶の予約を入れました。
●赤ちゃんを育てる自信が無い。
●ブログを見て赤ちゃんを産む決意した。
●動画を見て、感動しました。産みます。
●16歳。母子家庭で母に障害があるが・・。
●妊娠。家族から猛反対。助けて。
●彼が薬物中毒です。妊娠。どうしたらいい?
●産みたい。でも、持病があります。
  妊娠無料相談
電話 (0774)23-7077
            にいさん7まる77
お気軽にご相談ください 

★お電話下さい!!★
もしこのブログを知っていたら・・電話していたら、中絶をしなかったのにという電話やメールなど多く戴いています。益々「電話下さい」の言葉を貼り付けて拡散させて戴きます!! (京都本部事務局)

妊娠問題で悩んでいる妊婦さんを支援しています。相談支援。出産支援。里親支援。まずは、相談支援からお気軽に、どうぞ。(^-^)
妊娠問題で悩んでいる妊婦さんへ。
赤ちゃんは受胎した時点で人間です。

このブログを見ている妊婦さん。
 そのいのち守れます。電話ください。 


★お電話下さい!!★


あなたの状況に合わせてアドバイスします。
中絶の8割はよき相談者がいれば助かるいのちです。


★お電話下さい!!★
 

 

f:id:warai88waraikun:20200120001228j:plain

いのちを守る親の会3つの提言!!(1)

母子手帳」を持たない妊婦の
   中絶を法律で禁止に!! 大熊良樹

  日本を変える大きなアイデアがある。人工妊娠中絶に関して、6週で妊娠がわかっても施術が難しいので「7週」まで施術はしないことが多い。中絶はブラインド手術と言い直視による手術でなく「目をつむってやる手術」のようなものなので、危険が多くある。母胎を傷つけたり、小さい胎児の中絶は身体の一部が残り母胎に悪影響を及ぼすこともある。


 12週からは中期中絶といい、実質「出産」の形で「死産」させる。そういうこともあり、中絶の7割が「6週から11週までの初期中絶」である。どちらもむごい事には変わりはない。

 

母子手帳」は心音が確認される6週から10週あたりに「妊娠証明書」を医師から手渡されて、保険センタ-などで手渡される。妊婦さんは此処で初めて「育児一時金(出産助成金)」や「14枚の無料検診チケット」のことを知る。

 

 現場で見ていて、「中絶を考えている妊婦さん」「中絶を迫られている妊婦さん」「思わぬ妊娠に戸惑っている妊婦さん」たち。ここらあたりで心を閉ざし「身動き取れなくなった妊婦さん」は周りから「堕ろせ」「堕ろせ」の大合唱を受けて、ノイローゼ状態で、相談もせず、相談もできずに、当然「母子手帳」を手渡されないから、出産するときに「育児一時金(出産助成金)」すなわち42万円も助成金が出ることや、「14枚の無料検診チケット」すなわち、検診代さえも殆どいらない事を教えられないまま、中絶してしまうことも多い。

 

 余裕のある人など多くはないと思うが、それでも、借金をやりくりしながらでも、「助成金があるなら」がんばって産みたいと言う人は多いはずだ。反対する主人をなんとか、説得するとか、お願いするとか、相談できるという人も多いはずだ。

 この「助成金」の話だけではないけれども、それでも、他の問題に加えて、出産のお金が殆ど出るなんて、なんと日本は手厚いのだろうと涙を流して喜ばれる妊婦さんも多いのが事実なのである。

 

 双子なら84万円。カイザー(帝王切開なら保険がきくので42万支給されて、13万くらいの費用でお産ができるから29万円も余る。)お金が全てではないが、それでも「手厚い補助」がありますよと、知らせるだけで、多くの人が救われてゆく。

 

  それに加えて、もう一つ。大事な事を思う。老人が1人でも居なくなれば大変な大騒ぎである。「山で遭難した」とか「山崩れで行方不明だ」とか言うことであれば警察官や自衛隊が出動する。100人1000人で捜索する。

 

   しかし・・妊娠した子は「生まれました」と言う自己申告を「誤魔化せば」いのちを「人工妊娠中絶」という形で抹殺することもできるのである。「行方不明」になっても、誰も捜してもくれない。老人であれば、これは「殺人」「死体遺棄」事件である。

 

   私は新しい御代に新しい提案をしたい。人を救い国を救うアイデアであるが、このアイデアにパテント(著作権)はない。どの政党に属するどの先生でもいい。愛と勇気のある方。誰か、この国の未来と、多くの赤ちゃんのいのちを救うために、国会で質問して戴きたい。


  妊娠したら必ず医者に行き確認してもらうこと。妊娠確認が取れたらすぐに「母子健康手帳」をもらうこと。

 

  それから、100人に2人もいないけれど・・『医療的見地からの中絶も含めて、「母子手帳」がなければ絶対に中絶できないように法律で決めるべきである。』

 

   そうすれば未受診はゼロになる。「母子手帳」の正式名称は「母子健康手帳」である。母子の健康を守るためには、妊婦さんには一人のもれなく、曖昧にせずに、母子手帳を完全に手渡す事。

 

逝く者の管理も曖昧にできないように生まれるものの管理も曖昧にしないことが「国の未来において」重要である。

 

  現在「母子手帳」は6歳までの健康状態を記入できるが、実は、20年(成人まで)分記載できる手帳もあるそうだ。

 

  たとえ、自然流産の「死産」であってもお腹で生きた赤ちゃんの記録を書いてあげて欲しい。亡くなってしまってもその赤ちゃんに名前を付けて20年くらいは、母子手帳に、供養の記録を付けてあげて欲しい。「亡き者」どころか、「無き者」にするのは、なんともやりきれないものである。

  多くの人工妊娠中絶児は二度殺される。体を殺されて、初めからいなかった事にされる。この事はいのちの尊厳までを陵辱されることである。亡くなってしまってもその赤ちゃんに名前を付けて20年くらいは、母子手帳に、供養の記録を付けてあげる行為。それは、パス(PASS=中絶後遺症)にも抜群の効果がある。人間は忘れているようでも全てを忘れては居ない。だからこそ、人を自分を欺いてはならないのである。

 

母子手帳」を持たない妊婦の中絶を法律で禁止せよ!!

 

  このことの法制化で、「助成金」や「子供のない夫婦への特別養子縁組」中絶しなくてもよい方法はいくらでもあるのだと言うことを100%伝えられる事になる。私たちはその時に向けて年間200万人に無料で配付する小冊子「妊娠読本」の原本作成も検討しています。現在は年間100万人という出産数ですが、おそらくは200万人の出産数にたち直ることでしょう。少子超高齢化。国家存亡の危機を乗り越える事ができるのです。

 

  「妊婦さん」への「母子手帳」完全に手渡す。中絶を「母子手帳」を持つ妊婦以外には絶対に行えないようにする(違法行為)。その事で、まれにある「医師による違法行為」も殆どなくなり、いのちを守る私たちが伝えていることの多くを、妊婦さんにもれなく伝えられるのである。

 

  現在中絶は16万人というが、中絶は保険がきかないので実数がわからない数と言われているが、実数は 100万人は居るだろう。もし100万人が中絶されていれば1日2700

人以上が惨殺されていることになる。

 

  このような大虐殺が日々行われているのならば、そのような国は心理学の「自己処罰」の概念でいえば亡国となるであろう。日本は、戦後、なんと1億3千万人の赤ちゃんを中絶でひねり殺している。奇しくも日本は1億2600万人をピークに、急速な人口減少が加速し始めたという。

    古事記の「いざなみ」「いざなぎ」のやりとりを思う。「1日に千人を絞り殺さむ」「それならば、1日に千五百の子を産ましめようぞ!!」

 

 今から全身全霊で「少子化対策」に取り組まないと日本存亡の危機である。今だ。今しか無い。


いのちを守る親の会3つの提言!!(2)

  中絶に「経済」を持ち込むのなら
     保健師を介在させよ!! 大熊良樹

    日本の「母体保護法」「経済条項」は実はナチスの「邪魔な者は消して良い」という「排除の思想」の系譜を継承している。中絶は、「母子手帳」を持っている妊婦にしか施術しない事が重要である(1回、育児一時金の話を聴いている)。そして、 中絶決定前に必ず「医師」だけでなく「保健師」(妊娠問題・経済問題に寄り添える人間の介在)の立ち会わせと「承認」を!!防犯で言うのならいわゆるいのちを守るための「二重ロック」である。もし、わたしたちのような「救命のスペシャリスト」の研修を1回でいいので「保健師」さんが受講していれば(希望者があれば前年でも受講可能)、赤ちゃんの救命率は抜群に伸びることだろう。日本存亡の危機と言われる「少子超高齢化の問題」は10年で克服の兆しが見え、20年で克服されるだろう。戦後70年のマイナスを埋めるのは相当本気でないと無理だ。子供を産むことができる女性の数自体が激減しているのだ。


 日本の「母体保護法」「経済条項」の問題に帰ろう。医師が妊婦の「病気」や妊婦の「体調」を理由に、母体保護の観点から中絶手術をするというのならばあり得る話かも知れない。戦前、戦中も「医療中絶」というのはあり得た。しかし「経済状況」を理由に「中絶」をするというのは全くもっておかしな話である。「母体保護法」には「経済条項」と言う項目があり、「経済の理由で堕胎ができる」という事になっているが、医師は「経済理由」など専門外の話であるのだから、「それはいけません」とか「どうこうしなさい」などといえる話ではない。だったら、「思わぬ妊娠」や「都合の悪い妊娠」である場合、「経済的理由」という大義名分をつけて多くの人が大事な赤ちゃんを中絶してしまうのである。なんと惨(むご)いことであろうか。

 

  それにしても「経済的理由」とうのは「時間的理由」と同じで、「あるといえばあるが、ないといえばない」のである。かつて「NHK」が「貧困特集」の番組を作ったが、多くの同情を集めた貧困女学生が、学費はないけれど、豪遊するお金はあったという暴露記事が出て、全国の同情した視聴者の口が、あんぐり開いたままだったとか・・。大きな話題になった。まことに、笑うに笑えない話である。事は「命に関わる事柄」で、子を産むお金はないが、デイズ二ーランドの年間パスを買うお金はあるというお話。私は現場で何度も聞いて、驚いたものである。中絶理由は「貧困」などではなく「娯楽過多方」による「借金」と言うのが実に多いのである。

 

   例えば、車を買うのに200万300万のローンを組む。また、家を買うのに頭金500万入れて、土地を担保に銀行で2000万300万円借りる。それなのに、なぜ、赤ちゃんを産むのに「40万円」出せないのだろうか。

 

「車」や「家」などは代えがききます。 しかし、いのちだけは代えがきかないのです。あなたが殺されたら「あなたの人生に絶対に代わりがない」ように、その「お腹の赤ちゃん」には代わりが絶対にいないのである。 私の経験ではお母さんがいのちを掛けて「この子をどうなっても、私は守ります!!」 「いのちをかけてもいい。」こう言って守れなかった赤ちゃんは殆どありません。10代後半の女性でもそうなのです。まして、お金などは、本気でしたら、どうにかなるものです。


  助成金の話をします。

  しかも・・以前は、自己負担の時代もあったけれど、今の日本はまことに手厚いのです。保険さえ入っていれば「42万円」育児一時金と言う名前で出産助成金が出るのです。以前は、立替金が必要であったが、今は、必要ない。大きな声では言えないが、生活保護の女性にでも、出産費用に付けて「オムツ代」まで補助があるのである。これでも「経済的理由で出産できない」と言うのだろうか?中絶したい人は、何にでも、経済的理由として理屈を付けるかも知れない。「子供を1人育てるのに3000万かかるらしいでしょ。」「うちは、子供は2人で十分。6千万以上は無理。貧乏になっちゃうわ。」 3人で9千万円よ。もしそれが事実なら、6人子供がいる私はどうなるのだろうか?

 

 「いのちの中に経済があるので、経済の中にいのちがあるのではないのである。」ここを勘違いしてはいけない。それから「1人子供を育てると3千万円罹るというのは大きな嘘である。」 興味のある方は「いのちを守る親の会」の「唯物的養育費の嘘を斬る!!いのちは唯物論に嵌(はま)らず!!」を検索してお読み下さい。

ご参考

https://warai88waraikun.hatenadiary.jp/entry/2020/01/15/002702

 

  実質「母体保護法」は「母体保護」と言う名目でありながら、ナチスの「優生思想」を引き継いでいるため、「時間がないから」と言うような意味で「今お金がないから」と言う理由で大事な命を絶ってしまうのである。保健師を介在させて、守れる赤ちゃんを守るべし。 お金といのちを天秤に掛けるような国は、滅ぶであろう。そういう人でも国でも会ってはならない。絶対に!!

 

いのちを守る親の会3つの提言!!(3)

    母体保護法」改正
     「経済条項」削除を!! 大熊良樹

 

 「母体保護法」によると人工妊娠中絶の可能な妊婦として下記の条件を挙げています。
(第14条 第1号) 妊娠の継続又は分娩が身体的又は《経済的理由により》母体の健康 を著しく害するおそれがあるもの。

 

   この「経済的理由」の拡大解釈により日本は世界から「堕胎天国」と言われるような国に成ってしまいました。「優生保護法」《世間の風評をそらすために一部改訂し名前だけ変えて「母体保護法」(平成8年)とした。》ができてから日本では中絶が爆発的に増えて「堕胎天国」とまで言われるようになりました。

 

  それにしても、誰が「堕胎天国」だなどと言い始めたのでしょうか。子供は「一人でいい。」「少なく生んで豊かに暮らそう。」「2人以上は、知的レベルが低い。」などとさえ言われたと言います。「2人以上の子がいる家庭は、文化的生活ではない。」そして・・実は、「お金」のために堕胎される赤ちゃんにとっては「天国」どころか「堕胎地獄」ではないでしょうか。

 

この「母体保護法」の元である「優生保護法」は、大東亜戦争(戦後の呼称は、アメリカの主観に合わせて「太平洋戦争」と呼称)が終戦して3年後。昭和23年にアメリカ占領下で制定されました(昭和27年の春に占領解除)。この禁断の人口調節法ともいえる“出産管理法”が「優生保護法」であり、元々「優生保護法」とは1883年(明治16年)、「種の起源」で知れ知られるダーウインの従兄であるイギリスの科学者フランシス・ゴルトンが「優生学(eugenics)」という言葉を作り出したことに基く。当初は「積極優生」といい優良種の掛け合わせ(調節)を目的としたが、「消極優生」(劣勢の種を消してゆく・抹殺する)方向へと進んでいった。最初はナチスは自国内にて「F4計画」と称して「戦争の邪魔」になる「しょう害者」を大量に「抹殺」した。

 

   「優生保護法」「母体保護法」は民族優生学やジェノサイド(民族殲滅思想)にも繋がる「排除」の思想であり、ナチスの優生思想(いのちに線引きをする考え方)を継承する思想ともいえる。「優生上の見地から不良な子孫の出生を防止するとともに、母性の生命健康を保護することを目的とする」という一文に始まる同法は、女性自らの心身を守るという「産まない」権利と共に、障害者を否定する「産んではいけない」という強制とが二本立てで共存する特異なる法律であったが、生命軽視が多分に含まれており、大きく疑問視されている。現在の「母体保護法」も名前は耳障りはいいが、お腹の中の「生命軽視」が多分に含まれており問題視されている。

 

   そのことに気付かない「いのちの危機への鈍感さ」が、現代の「社会的病み(闇)」の表象化ともいえる。不登校10万人。320万人以上の精神障害。2400万人の不眠症。600万人の睡眠薬依存症。2万人の自死(不明死は17万人。遺書がないと不明に分類される。)を生んでいるのではないだろうか。喜びのない「貶め」の社会に人は「いのちを病む」のである。実相(本来)の「いのち」は病まないが、現象世界(この世:映し世)に手て「病む」(映し身に現す)ことで「異常」や「危険」を悲鳴として現わしているのだ!!


三界は唯心の所現。この世は心の影(表象)である。

 

   終戦直後は、貧困により、餓死者さえも出ようかという時代であった。一方、あれから70年以上が経過している(平成30年)。 マザーテレサが「中絶は胎内殺人である」といわれた言葉と共に(1)日本は豊かな国であると言われているが、(こころの)貧しい国である。(2)養子縁組制度を活用して、(殺さずに)赤ちゃんのいのちを守って欲しい。 という言葉を残しましたが、宗派や党派を超えて耳を傾け考えるべきであると思います。


   現在(平成30年)、出産時に育児助成金「42万円」が出る日本。しかも病院に対する立て替え金もいらないのです。「母子手帳」をもらう時にそれ(育児助成金制度)がある事と、検診無料となる「14枚のチケット」をいただけるのです。

 

  日本は、まことに手厚い。「思わぬ中絶を考える人の殆どは、母子手帳をもらう前に、悩むので、残念なことに、『育児助成金の事実』を知らないで「出産するお金がない」などといい、中絶する人が多いのです。」さらには・・2割の方が「帝王切開」(カイザー)を受けるため(保険が効くので3割負担ですから)例え入院費が加算されて「60万円」かかったとしても20万円で済み。20万円の助成金が余るのです。昔のような感覚での「経済難」で産めない人などは、現代では殆どありません。

 

   全てではありませんが、よくあるのは「娯楽過多で大きな借金」(車、ブランド購入、贅沢、娯楽)が多い人です。「貧困」「貧困」と言いますが、「飢餓状態」で「失明」「短命」酷い場合「餓死」にいたる事を「危機的な飢餓・貧困」と言いますが、日本において、事実上は「栄養過多」により多くの「失明(糖尿病)」「短命(生活習慣病)」を生んでいます。NHKの「貧困特集」でやらせが発覚。学費はないが、豪遊をするお金は持っていた女学生だったという話がありました。

 

現行の「母体保護法」の経済条項(14条)は、事実上「空文化」しており意味を成していません。「いのち」を「お金」と天秤にかける生命に対する「冒涜的」条文であります。


 即時に、削除しなければ成りません。

 

そして「母胎に影響」する「経済問題」に関しては、「保健師」との協力体制を取る新立法をお願いします。

 

 このことで「国家存亡の危機」である1番大きな問題、少子化は解決します。人のいのち、国のいのち。今こそ1番大事な時です。心ある方、ご協力を。取り返しのつかないことにならぬよう。全霊で「母体保護法」改正。経済条項削除の声をあげて下さい。全霊で宜しく(お願いします。

 

補助資料

母体保護法」(特に経済条項)はナチスの優生思想の系譜を引く思想である。
 「堕胎推奨法」「日本滅亡推進法」である。即、改正せよ。 大熊良樹

 優生生思想とは何でしょうか? (5年前(平成25年)の記事です。)
 また・・・・中絶数 公称16万人(令和元年)といわれますが・・


 「日本国内では実際には、年間に何人くらい中絶されているのでしょうか?」
 私たちは、いのちをランク分けする 生命軽視の思想、「優生思想」に反対を表明します。なぜなら、全ての命は等しく、尊いからです。 貴重な資料を御紹介致します。

 私たちが反対し続ける、優生保護法〔現:母体保護法〕の生みの親、太田典礼氏の発言(おおた てんれい)


------------------
 「中絶の届け出数が減少し始めたとよろこんでいるが、届け出数は実数の何分の一だといわれ、実数をつかむことは困難である。また中絶に対する世論がやかましくなるにつれて、指定医が届け出数に手心を加えているとも言われているから、いっそうあてにならない。 中絶件数は年々うなぎ上りになり、100万をこえてきた。しかも、実数はすくなくともその2倍ないし3倍(200~300万人)はあるだろうと、推測され、5倍(500万人)はあるとする意見すら出るにいたった。いずれにしても、出生数をはるかに上回っている事には疑いない。」(1967年(昭和42年)4月「堕胎禁止と優生保護法」)

 

≪太田典礼≫太田 典礼(おおた てんれい(旧名:武夫)、1900年10月7日 - 1985年12月5日)は、京都府出身の産婦人科医。元衆議院議員(当選1回)。九州帝国大学医学部卒業。産児制限安楽死を説き、子宮内避妊具である「太田リング」を考案した。

 

略歴
学生時代に、産児制限の推進者であるマーガレット・サンガーの思想を知り、以後避妊や人工妊娠中絶の運動を行ってゆく。1946年、第22回衆議院議員総選挙日本共産党公認で京都全府区から立候補するが、落選。その後日本社会党に移籍し、1947年、第23回衆議院議員総選挙で京都2区から社会党公認で立候補し、当選。その後、加藤シヅエらとともに「優生保護法」(1948年施行、現・母体保護法)の制定に尽力した。その後労働者農民党に参加するが、1949年、第24回衆議院議員総選挙で落選。1962年、第6回参議院議員通常選挙に、京都府選挙区から無所属で立候補するが落選し、政界を引退した。

 また、日本の安楽死運動の第一人者としても知られる。1976年1月には、植松正らとともに「安楽死協会」を発足させる。同年6月には「日本安楽死協会」と改称、初代理事長に就任する。


 しかし、太田は老人について「ドライないい方をすれば、もはや社会的に活動もできず、何の役にも立たなくなって生きているのは、社会的罪悪であり、その報いが、孤独である、と私は思う。」と主張し、安楽死からさらに進めた自殺を提案したり、安楽死を説く中で、障害者について「劣等遺伝による障害児の出生を防止することも怠ってはならない」「障害者も老人もいていいのかどうかは別として、こういう人がいることは事実です。しかし、できるだけ少なくするのが理想ではないでしょうか。」と主張した。

 

 また、『週刊朝日』1972年10月27日号によれば、「植物人間は、人格のある人間だとは思ってません。無用の者は社会から消えるべきなんだ。 社会の幸福、文明の進歩のために努力している人と、発展に貢献できる能力を持った人だけが優先性を持っているのであって、重症障害者やコウコツの老人から〈われわれを大事にしろ〉などと言われては、たまったものではない」と放言した。

 太田のこうした言動から、安楽死が老人など社会的弱者の切り捨てや、障害者の抹殺につながるとして非難が起こった。太田はこうした批判に対して見当違いと反発したが、1983年8月には団体名を「日本尊厳死協会」に変更した。


 太田は「尊厳死」の用語を批判していたが、にもかかわらず「尊厳死」を採用したのは、「安楽死」が持つマイナスのイメージを払拭し、語感の良い「尊厳死」に変えることで世間の批判を和らげようとしたのが狙いと言われている。

 晩年は体調を崩し療養生活を送る。1985年12月5日急逝。享年85。
----------------------- 以上

 生命の尊厳を何だと思っているのでしょうか。反面教師にしたいと思います。私たちは軽率な批判や人の名誉を棄損したくはありませんが・・・おそらくは、淋しい思いでお亡くなりになったのではないでしょうか。


 保険適用でない中絶の実情は、偽名で施術されているケースもあり、実数は不確かです。出生数100万人。・・・もしかすると年間中絶数が公表されている〔16万人の〕7倍~10倍ちかく。実数 100万人以上である可能性もあるのです。(年間中絶20万人。科学雑誌ネーチャーでは 日本での中絶はゆうに100万人以上と 発表されている。) 20代で毎年のように妊娠と中絶を繰り返している女性や、30代前半で、4人5人中絶しましたという女性の相談に対応したこともあります。このようなご婦人も、守りたい・・。「いのちの本当の尊さ」を知らぬがゆえの罪です。「いのちの尊さを、知る」事が大事です。

 

facebook 大熊 良樹  (URL https://www.facebook.com/yosikio) より

 

「いのちを守る親の会3つの提言!!」

(1)わが子を闇に葬ってはならない
     母子手帳」を持たない妊婦の中絶を法律で禁止せよ!!

(2)中絶決定時に「保健師」に相談して確認してもらう法整備。
     母子手帳完全手渡し」法整備と合わせていのちを守る二重ロック。
  保健師さんには「救命団体」(いのちを守る運動)の研修を受けてもらうように。

(3)「母体保護法」(特に経済条項)はナチスの優生思想の系譜を引く思想である。
       母体保護法」を 即、改正せよ。「第14条経済条項」の削除を!!       


(資料)「母体保護法第14条」とは・・・

第1項 都道府県の区域を単位として設立された社団法人たる医師会の指定する医師(以下「指定医師」という。)は、次の各号の一に該当する者に対して、本人及び配偶者の同意を得て、人工妊娠中絶を行うことができる。

第1号 妊娠の継続又は分娩が身体的又は経済的理由により
       母体の健康 を著しく害するおそれがあるもの。

第2号 暴行若しくは脅迫によって又は抵抗若しくは
    拒絶することができない間に姦淫されて妊娠したもの。

第2項 前項の同意は、配偶者が知れないとき、若しくはその意思を表示することができないとき又は妊娠後に配偶者が亡くなったときには本人の同意だけで足りる。

 

 

f:id:warai88waraikun:20200119013448j:plain

f:id:warai88waraikun:20200119031215j:plain

 

f:id:warai88waraikun:20200119031355j:plain

f:id:warai88waraikun:20200119005905j:plain

 

f:id:warai88waraikun:20200121003805j:plain

 

f:id:warai88waraikun:20200121003821j:plain

f:id:warai88waraikun:20200121003912j:plain