いのちを守る親の会(公式ブログ)

お腹の中の赤ちゃんと妊婦さんを守る一般社団法人です。

いのちの大切さを伝えるお話

f:id:warai88waraikun:20200210020601j:plain

(公式ホームページ)
100万人の赤ちゃんを守る運動本部
 http://inochi-mamoru.org/

どうぞ、拡散をお願いします。私たちは尊い「赤ちゃんのいのちを守る」為に、いのちをかけて拡散に取り組んでいます。インターネット。ツイッターフェイスブック。ライン。インスタ。あらゆる媒体に宣伝を、どうぞ、宜しく宜しくお願いします。

 

この世から、中絶・虐待
子捨て・貧困・自殺が無くなるために。


(妊婦とお母さん、家族を守るために!!)
 ↓ (困っている方[妊婦さん]はご覧下さい)
 育児助成金白書 
http://www.ikuhaku.com/
 ※ (1) 御自分が在住の都道府県を選択。
    次に (2) 市町村を選択。
         (3)  「妊娠」をクリック。 
  
いのちを守る親の会
 3つの支援(サポート) 
相談支援(電話相談・面談)。
出産支援(緊急保護・妊婦検診)。
里親支援(里親探し・養子縁組)。

このブログは、
100万人以上の
   皆さんがアクセス。

多くの赤ちゃんの命を守っている
生命を守る公式ブログです。

「一般社団法人いのちを守る親の会」
 に勇気を出してご相談ください 。
 
お気軽にご相談ください 

(4周年) 各界著名人からのメッセージ
https://youtu.be/4u3WtMb3Bb0
https://youtu.be/Si7HBNaFf4I
https://youtu.be/n6l9I-nGO1M

 

京都光明放送局
https://youtu.be/uwXn48yMCZM

出産には殆ど、お金がかかりません。検診も、母子手帳をもらうと無料チケットがもらえます。「中絶するくらいなら」、実施として「育て親」に「養子として」「実子」として、ゆだねて下さい。母も子のいのちも守られます。


多くの方が
 アクセスして下さっています。

 

赤ちゃんの命を守っている
   生命を守る公式ブログです。

 ★お電話下さい!!★


「一般社団法人いのちを守る親の会」
   に勇気を出してご相談ください 。 

 

 電話の内容(最近の多い事例)

●おもわぬ妊娠をした。
●彼が堕ろせと言う。(;一_一)
●彼の親が中絶を迫る。
●赤ちゃんを産みたい。
●母体を傷付けたくない。
●経済不安がある。(;一_一)
●中絶したくないが不安がある。
●赤ちゃんのいのちを守りたい。
●とにかく相談できる相手がいない。
  妊娠無料相談     
 (0774)23-7077
      にいさん 7まる77
  お気軽にご相談ください 
   
社会問題を憂え、
 この国を憂える皆様へ。

少子超高齢化を防ぐ最高の方策は、
  生命の尊厳を伝えることです。

 いじめ自殺の最大の原因は「中絶」です。
  赤ちゃんの生きる権利を認める社会に。

 「経済といのちを天秤にかける
  「安易な中絶を隠蔽する社会」
    は罪悪であり、世界でもまれです。」

     それらは、社会的いじめであり、
          社会的自殺です。

   「中絶」を減らす事こそ、いじめと自殺対策です。
  
 100万人の赤ちゃんのいのちを守る運動 
         
 一般社団法人 
   いのちを守る親の会 
     [検索]ホームページ

    ≪入会案内もあり≫

全国47都道府県対応。
  一般社団法人「いのちを守る親の会」

妊娠相談はお気軽に。 
  (0774)23-7077
  FAX(0774)66-5299 

相談電話・問い合わせが多いため、
事務連絡はFAXでお願いします(事務局)
 大熊先生 (携帯)080-5301-0041
  
情報 http://navikyo.com/0774-23-7077/
 中絶掲示板より。
  http://bbs7.sekkaku.net/bbs/moonbbs02.html  
   
日本初!!
「京都いのちのミュージアムオープン」
https://youtu.be/8kPFcYLz8mI

f:id:warai88waraikun:20200210020637j:plain

f:id:warai88waraikun:20200208012840j:plain

(人気)「いのちの話!!」

 

古くから伝承される

  いのちの大切さを伝えるお話です。

 

 

私が神社に奉職していた時代の宮司のお話です.。

魚の生命でさえ救うことは、徳を積むことになる

昔。ある国に人相を見る名人がいた。
その人相見から「何年後の○月○日に貴方は死ぬ」と言われた人があった。
彼は財産一切を処分して、その日を待ったというが、
その日が来ても死ななかったそうだ。

彼は人相見に抗議を申し込んだ。
人相見は彼の顔を見るや
あなたは生命を救ったので、運命が変わったのだ」と言った。

思い返せば・・こういう事があったそうだ。

彼はある日・・・旱魃で干上がりかけてた
浅瀬に泳いでいる小魚をね、

このままにしたら死んじゃうっていうんで、
可哀想に」と思い、
本流のほうへね、
干上がりかけた浅瀬に泳いでる小魚を、
本流に入れてやったことがあった。

「あーそういえば、魚の、命を救ったんだ

≪このように、小魚の生命でさえ救うことは、
徳を積むことになるのである。
況んや人間の生命を救うということは、
どれほど大きな徳積みになるかも知れないのである。≫

 

 

この例え話は、現代人からすると、極端に思えるかもしれませんが、

いのちの尊さを伝える教訓でありましょうね。

まして、人間のいのちを守ると言うことは重大であります。


  大熊良樹理事長の言葉
   ひと、一人のいのちを救うことは
   全宇宙を救うに等しい 尊い行為である。

 

f:id:warai88waraikun:20200126020345j:plain

f:id:warai88waraikun:20200126020406j:plain


   

f:id:warai88waraikun:20200126020429j:plain

f:id:warai88waraikun:20200126014823j:plain

f:id:warai88waraikun:20200126014746j:plain

f:id:warai88waraikun:20200126002510j:plain

f:id:warai88waraikun:20200125013846j:plain

f:id:warai88waraikun:20200125013711j:plain

f:id:warai88waraikun:20200125013749j:plain